トヨタのディーラーが多いのは、売り物が違うから

新車を購入する為にディーラーへ行くことがありますが、トヨタには様々な名前のディーラーが存在します。どこに違いがあるのでしょうか、それは売っている自動車の種類が異なり、ターゲット層も異なるからです。

トヨタはトヨタでも種類がある

自宅近くにあるTOYOTA(トヨタ)と書いてあるお店を見ると、何だか同じトヨタでもお店の雰囲気や色、置いている自動車が異なります。これは、年配の方に高級車を売るのか、若い人におしゃれな車を売るのかなど、そのお店の目的・ターゲットが異なるため、販売のチャンネルを複数に分けているためです。

スーパーでも同じで、買い物に行くのに激安スーパーに行くのと、ショッピングモールのスーパーに行くのと、百貨店に行くのとでは客層や売っている商品が異なります。

子供を遊びに連れて行くのに、近くの公園で済ませたり遊園地に連れて行ったり東京ディズニーランドやUSJなど、大型施設に行くのとではかかる費用も提供内容のレベルも異なります。それと同じようにトヨタのディーラーも分かれているのです。

トヨタのディーラーは全部で5つ

レクサス
トヨタ
トヨペット
カローラ
ネッツ

それぞれトヨタのお店ではありますが、実は日本にあるトヨタの会社は全て同じ会社ではありません。それぞれの近くによって会社が別にあり、トヨタの関連会社という位置付けにあります。

例えば大阪にある「大阪トヨタ」と「兵庫トヨタ」は別の会社扱いでそれぞれ資本金や設立・従業員数なども異なります。ですので、大阪トヨタに「インターネットで見た兵庫トヨタの車」を取り寄せて欲しいとお願いしても難しいのが一般的です。

レクサス(LEXUS)

その名の通り、トヨタのレクサスブランドを取り扱っています。扱っている車種はレクサスのみで、LSやGS・ISといったシリーズ全てを取り扱っています。

トヨタ(TOYOTA)

扱っている車種は「アクア」「エスクアイア」「エスティマ」「シエンタ」「クラウン」「プリウス」「86(ハチロク)」などの比較的値段が高い車種が当てはまります。

トヨペット(TOYOPET)

扱っている車種は「アクア」「ポルテ」「アルファード」「マークX(エックス)」「ハイエース」「オーリス」「タンク」「シエンタ」「プレミオ」などミディアム層の車種を取り扱っています。

カローラ(COROLLA)

扱っている車種は「アクア」「スペイド」「パッソ」「ルーミー」「エスティマ」「ノア」「カローラ」「プリウス」「カローラフィールダー」「タウンエース」「SAI」「ピクシス」といった小型メインで販売しています。

ネッツ(NETZ)

扱っている車種は「アクア」「ヴィッツ」「ヴォクシー」「プリウス」「86(ハチロク)」「ヴェルファイア」「SAI」などを扱っています。

差は無くなってきている

昔はトヨペット系なら「マーク2」、カローラは「カローラ」など特色が濃かったのですが、最近では同じような車種が増えています。ということは、全てで取り扱っているような「アクア」などでは全ての店で見積もりを取って、競わせるという方法もあります。