あなたは交通安全協会に入る?入らない?免許更新してきた

自動車免許の更新の際に、最寄の警察署や更新センターへ行く必要があります。無事故・無違反のゴールド免許の方や、違反行為で講習が長い方など様々です。その際に手続きがあるのですが、通常の費用とは別に交通安全協会という費用も存在します。昔はほとんどの人が加入していたこの組織、今現在はどのようになっているのでしょうか。

5年ぶりに免許の更新へいってきた

ゴールド免許なので5年ぶりに、自動車免許の更新へ行ってきました。働いているサラリーマンの場合は、日曜日しか行ける日がありませんのでとにかく混んでいます。

通常は月曜日から金曜日までの平日と、日曜日がおまけで開いています。免許書を紛失した場合などは、日曜日ではなく平日に行く事になり日曜日に対応してくれる内容は平日よりは少ないです。午前中と午後に分かれている場合は、朝に行きましょう。昼からはとにかく混みます、場所によっては外まで並んでいるところもあるそうですので朝の内に始まる時間の少し前に行って並ぶのが1番楽です。

着けば受付に行き、免許書と更新ハガキとお金を用意しましょう。最近ではICカードになっているので、4桁のパスワードを2つ書く必要が出てきます。

受付で聞かれるこの言葉

「交通安全協会にご協力いただけますか?」と聞かれます。これは年会費が必要で、数年間まとめて加入すると数千円かかります。更新料の他に1.5倍くらい余分な出費を迫られます。

ではそもそも「交通安全協会」って何なのでしょうか。

簡単に言うと、道路の交通の安全を目的としている団体です。運転免許の更新を県警から委託されています、その委託された費用で収入が決まります。

交通安全協会って入会は義務なの?

昔は義務のように扱われていました、もちろん加入していただけますよね?と、さも入らなければいけないような言い回しで、警察署で言われると断りにくくなります。そして断ると難癖をつけられて、嫌な思いをする、というのが昔の交通安全協会でした。

加入が任意であることを十分に説明しないまま、あるいは全く無いままに、免許更新の事務窓口と同一の窓口において、加入手続きが行われており、利用者が加入を義務であると誤認するケースが後を絶たなかった。この問題に対する批判を受けて、2006年3月31日に「規制改革・民間開放推進3か年計画(再改定)」が閣議決定された。これを受けて警察庁は、各都道府県の警察に対し、会費徴収窓口と運転免許証更新受付窓口の分離などを含む、改善の指導を行った。この措置により、窓口を別にする等の措置が講じられたため加入者は激減した

出典:交通安全協会

きちんと説明されず、任意ではなく義務だという誤解が生まれるということで、国の指導が入ったわけだ。そうすることで、窓口がわかれこのような話もすぐに広まり加入者は減りました。減ったといっても元々が多すぎたわけで、適正な数になってきたといったほうが良いだろう。

交通安全協会に入ることでのメリットは、更新手続きの際に手書きで書かずに向こうの人がお手伝いをしてくれるというものだ。不公平だがこうでもしないとメリットが少ない。そして交通安全協会に加入すると、加入しない方の窓口より早く手続きが進行している傾向にある。

5~6年前ならば加入しないという方は、見た感じで3割くらいだったのが今回の免許更新の際は5割近くだったような気がする。しかしお年寄りなどは関心が無いのか、毎年入ってたからというものか、加入率がかなり高い傾向にある。

交通安全協会に入らない方の受付は、新人のお姉さんがやらされているかのような対応だった。受付の年配の女性と交通安全協会の年配の女性は、対応に余裕があった。若いお姉さんは、交通安全協会に入らない方専用の受付をたった1人で、一生懸命に対応されていた。

交通安全協会の勧誘はうるさくない

世間の目や報道などもあり、現在では強引な勧誘などは行われていないようだ。私自身も「交通安全協会に協力してもらえますか?」と言われ「入りません」と言うと、「では、次回のご検討をお願いしますね」と普通に話してくれました。

5年前はもう少しきつい、異様な雰囲気だった気がするがかなりマシになっていました。ですが、交通安全協会にあえて加入するというのも手、という意見もあります。それは、地域のお年寄りや子供達の交通安全にお金を出していて、実際に活動はしている。光る服や電飾や看板などで注意を促しているのも事実だ。地域に貢献する、という意味では入会するのも悪くは無いのだ。

実際交通安全に使われるのは2割

「交通安全のため」「子供たちを交通事故から守るため」などを謳いながら、すなわち「交通安全」という、本来の目的に使われた事業費は、全体の20%の740万円に過ぎない。これはTBS系テレビ報道番組『JNN報道特集』の取材に対して、元兵庫県交通安全協会会長である松井敏男の証言によって明らかにされた。松井は同番組で「実際は給与です」と言い切った。

出典:交通安全協会費の使途

ほとんどが給与にいっていて、あまり使われていないというのだ。警察官のOBが多い組織でもあるので、お金に余裕はあるはずだが使用割合が少ない気もする。それに以前はかなり酷い勧誘方法だったのもあり、私自身は現在は入会はしていない。

断り方は簡単だ

理念に納得できるなら加入すればよいだろう、今回はパスケースのような小物がもらえるらしい。しかし入りたくないが断りきれない方は、この一言ですまそう。

手続き代金を出しながら「これしか持ってきていない」と言えば解決だ。お金の無い人からお金を出させることは出来ないからだ。

現在の加入率は?

少し古い記事だが2013年の山口県のデータがある。それによると入会率は35%と3人に2人は断っている計算だ。最盛期は80%というのだから、入会の辞退数はかなりのものだ。もちろん都道府県によっても異なるが、大きな差は無いのではないだろうか。

協会事務局によると、窓口の入会率は宇部(宇部警察署)が53・4%、県(総合交通センター) が28・4%で、両窓口を合わせると35%前後。「年々減少する傾向にあり、(協会離れを)抑止できていない状況」という。 10年前は67%台、最盛期は80%台を維持していた時期もあった。

出典:交通安全協会の入会率35%に減

納得するかしないか

結局のところその人が納得してはいるか、入らないかになる。きちんと使われている用途やこれなら地域に貢献できる、と感じれば入ればいい。納得できない、昔の強引さが印象を悪くしているので入りたくない、というなら入らなければ良いだろう。

・優良運転者講習30分
・一般運転者講習60分
・初回更新者講習120分
・違反運転者講習120分

なにをしにいくかということの方が大事だろう。この上記4つを受ける為に本来は行くのであって、講習では最新の法律状況や安全運転の本がもらえる、といってもお金に含まれているのだが。スクランブル交差点が出来たとか、法律が変わったとか、お年寄りの高齢者用講習がとか、そちらに本来は感心が行かなくてはいけないだろう。違反せずに気持ちよく運転や更新ができれば、こういった問題が出てこないのだが。