自動車をへこませた、軽度なら板金屋に行かずに直せる方法

自動車を運転しているとき、壁に当たったとか、ガレージの後ろでぶつけたなど、少しだけへこます経験はあると思います。その度にディーラーや板金屋にいって直してもらうとお金が数万円かかります。ほんとに軽度なら自分でも直せる方法がありました、では具体的にはどうすればいいのでしょうか。

軽度ってどれくらい?

軽度とは、自分の片手を広げた状態まででしょうか。それ以上大きくなると難易度が上がります。部品が取れたり、欠けたり塗装が取れた場合は修理するのは自分では難しいです。その場合は、別の方法を探りましょう。今回は自損で自動車保険・車両保険・板金屋を使わずにへこんだ部分を直す方法を見ていきます。

へこみを直すにはプロで数万円かかる

試しに全国展開している某社でネット見積もりをしてみました。

・ルーフのへこみ
・白(パール色)
・大きさは10センチ×10センチ
・国産車

概算修理価格は52,000円とのことでした。むちゃくちゃ高いですね。

これをフロントバンパーにすると、15,000円~30,000円くらいになります。主に多い箇所はフロントバンパー・フロントフェンダー・フロントドア・リアドア・リアフェンダー・リアバンパー・ボンネット・ルーフ・トランクなどです。

もちろん箇所や色、塗装の色や傷や凹みの種類によって値段は変わってきます。プロによる修理なので確実と言えば確実ですが、高すぎる・・・少し油断しただけでこの金額は厳しいです。もちろんプロからすれば熟練の技術や、最新鋭の機械や材料を使う場合もあるので相応の費用を請求するのは当然でしょう。しかし重症の重度ではなく、軽症の軽度なら出来る限りは自分で格安で挑戦してみたいものです。

主に用意するのは2つ

へこんだ部分を直すには2つのアイテムを用意する必要があります。大抵は家にあったり、DAIKI(ダイキ)・ニトリ・コーナン・コメリ・ナフコ・ケーヨーなどのホームセンターなどで手に張ります。

ドライヤー
エアーダスター

上記の2つです。ドライヤーはどの家庭にもあるのではないでしょうか、自宅の簡易的なもので問題ありません。もう1つのエアーダスターもホームセンターで販売しています。数百円で売っています。

エアーダスターは裏技を使って、冷気を噴射できるようにするのですが、高くて質の良いタイプは噴射できません。パッケージに、「逆にして噴射しても大丈夫」とか「逆さ使用OK」と書いてあるものは使えません。逆さにするとエアーとして使えなくなるものを買いましょう。よく分からない方は、次の使い方と手順を参考にしてください。

へこみの直し方

まずはへこんだ部分にドライヤーを当てます。ずっと3~5分当てていると触れないくらい熱くなってきます、触るとやけどするので注意してください。何分かを目安にすればよいでしょう。

ドライヤーを当てて、3~5分経過したらエアーダスターの出番です。エアーダスターというのは、埃や塵を飛ばすためのもので、パソコンや細かい部品に入り込んだ粉塵を取り除くものです。家庭には置いてない場合があるので、調達しましょう。

これを逆さまに持って噴射します、そうすると冷却スプレーとして凍えるような冷気が噴射されます。凍傷火傷する恐れがありますので、絶対に触れないでください

この噴射を1~2分当ててると、ポンやボンという音とともにへこみが直ります。へこみが数年経過したり、へこみ方が尋常でなくドライヤーとエアーダスターを長い間当てても直らない場合は素直にプロに任せましょう。

エアーダスターを吹きかけて少し経過するのを待てば、元通りになる場合が多いです。へこみの度合いによって、何分かかるかは異なります。少しずつ時間を延ばしたりして試していきましょう、最初は短めで様子見をします。

どうしても自分で直したい

もう1つだけ直す方法があります。それはドライヤーで熱を浴びさせているときに逆から手で押すことです。冷却での反応が鈍いときは熱と力技でやるしかありません。しかしへこみ方が悪く、傷がついていたり割れていたりした場合は危険ですのでプロに任せましょう。

なぜ直るのか

理由は「金属の形状記憶」です。金属と言うものは、ある一定以上の温度を加えると元に戻ろうという性質を発揮します。ですがそれには限度があり、あまりにも形状が変わりすぎると今度はそれを記憶してしまいます。

時間が経過する程形状の記憶は失われていくので、あまりに時間が経過した自動車のへこみは直りにくい可能性が高いです。その場合はプロに任せましょう。