オリックスのカーシェアリングが安いと評判に、詳しく見てみた

車が無くても必要なときに車が使える時代、乗りたい車があるけど、たまにしか乗らないから買うのももったいない、そういう時はオリックスのカーシェアはどうでしょうか。

車の維持は意外とお金がかかります、自動車税・重量税・自賠責保険・車検費用・ガソリン代・駐車場代・オイル交換等々・・・。

軽自動車(モコ・ミライース・ムーヴ・NBOX・ワゴンRなど)でも年間維持費は30-40万前後と言われています。

日常生活や仕事などで、頻繁に使うのならまだしも週末だけ等、年数回なんていう方は維持費が非常に高くつきますよね。

オリックスグループが展開している、カーシェアリングのサービスを見てみましょう。

オリックスカーシェアを使う方法

簡単に箇条書きで説明すると

・オリックスカーシェアに入会します

・パソコンやスマホから予約をします

・ICカードがもらえるので、車のドアにかざすだけで開閉できます。

・戻ってきて停めてあった位置に戻します

・カードキーでドアを閉めます

以上です。

意外と簡単に出来ることがお分かりいただけたかと思います。
予約状況によって、新幹線や飛行機と同じで休日前等は混雑し予約できない時もあります。そういう時は、予め余裕持って予約し当日その時間になったら乗る車が置いてある場所に行きましょう。

オリックスカーシェアの支払い方法は?

2015年5月24日時点での支払い方法はクレジットカードのみとなっています。
毎月土日祝日を除く第2営業日に請求額が決まります。
月をまたいでの利用料金は、返却完了した月の請求となります。

オリックスカーシェアの料金は?

200円/15分から 初期費用はICカード発行手数料1,000円

個人Aプランと個人Bプランがあり、Aプランは月額2,000円(2,000円分の無料時間含む)
Bプランは少し料金が上乗せされますが、月額は0円と、使わなければ一切請求されることはありません。

Aプランでは、フリードやプリウス・アクアなどは3,500円から乗れます。

更に学生は月額基本料金は無料でAプランと同等の料金体系です。

カーシェア中の事故とか対応はどうなの?

対人補償・対物補償共に無制限が付いています。
車両補償も時価額まで保証で、自分や同乗者用の人身傷害補償も1名3000万まで対応しています。
必ず警察に届けるなどの事故証明が必要で、詳しくは公式ページで確認しましょう。

どんな車に乗れるの?

【toyotaトヨタ】
・プリウス
・アクアなど

【mazdaマツダ】
・デミオ

【Hondaホンダ】
・フィット
・フィットハイブリッド
・インサイト
・フリードハイブリッド
・ステップワゴン

【nissanニッサン】
・ノート
・マーチ
・ティーダラティオ
・リーフ

【suzukiスズキ】
・スプラッシュ
・スイフト

EVクラスでは、スマート フォーツークーペ mhd/スマート フォーツーエレクトリックドライブに対応しています。

オリックスカーシェアは、電気自動車のリーフやスマートフォーツークーペにも対応しているので乗ってみたい方はどんな走りか楽しめますね。

オリックスグループの優待の特典が使える

「オリックスカーシェア」会員の優待特典があります。
富士急ハイランドで特別優待特典が受けられたり、レジャー施設やスポーツ施設、宿泊施設などでもお得に便利に使える内容が多いです。

ここは他のカーシェアリングにはない、大手のオリックスだからこそ出来る優待サービスではないでしょうか。

気分を変えたり・ドライブを楽しんだり・どんな車両なのか運転してみたり・便利で使い勝手の良いカーシェアリングで、あなたも楽しいドライブを!