1日の睡眠時間は、何時間が適正なのか?金縛りと夢は実はストレスが原因

20150819-0

1日の睡眠時間は、体を健康に維持する上でとても重要です。寝不足に陥ると、病気がちになったり仕事や勉強に支障をきたし、居眠り事故やトラブルが増えてきます。では日本人はどれくらい睡眠時間を取って寝ているのでしょうか。また、適正な睡眠時間とは何時間なのでしょうか。

日本人が現在取っている睡眠時間

現在の日本人は毎日平均どれくらい眠っているのでしょうか。日本人の平均的な睡眠時間を見てみましょう。

出典:快眠推進倶楽部

年齢 日本人の平均睡眠時間
全体平均 7時間23分
10~15歳 8時間10分
16~19歳 7時間02分
20歳代 7時間16分
30歳代 6時間57分
40歳代 6時間59分
50歳代 7時間07分
60歳代 7時間34分
70歳~ 8時間20分

基本的に睡眠時間は年々少なくなっているといわれています。夜遅くまでコンビニが開いていたり、ネットや携帯電話・スマホ・ゲームなど、夜遅くまで何かをしている人が増えたためです。

小学生高学年から中学生までと、70歳以上が8時間を越えています。これは、子供の頃は「寝る子は育つ」と言われるように、成長するためには「ある一定の睡眠時間」を取る必要があるからです。

70歳以上の定年の方は時間があり、疲れやすいので十分睡眠をとられるのでしょう。高校生になると、学校が遠くなり朝早く起きるため、睡眠時間が短くなる傾向があるようです。

20代は休みの多い大学生が少し平均を上げているかもしれません、30代、40代になるにつれて仕事が1番忙しいときであり、睡眠時間を削られているのでしょう。働き盛りの30代が、1番睡眠時間が少ないデータとして出ています。

日本人の睡眠時間はかなり差がある

実はデータでも7時間前後が多いのですが、これを上回ったから下回ったからといって気にする必要はありません。寝すぎた・寝不足だと感じるのは人それぞれの体質や生活環境によって異なります

例えば日本人の平均寿命や平均年収なども怪しいもので、あまり当てになりません。平均年齢が78歳などといっても、若いうちに亡くなる方もいれば、100歳まで生きる方もいるからで、あくまで参考としてデータを見るのが良いとされています。日本人の平均年収も、一部の大金持ちが思いっきり平均金額を上げているからで実際の数で見ると怪しいものです。

睡眠の室によって変化する

睡眠の間は2つの種類に分けられます。

1つ目は「レム睡眠」です。

レム睡眠とは、眠りが浅く寝ている途中でもトイレに行きたくなったり、起きてしまったりします。脳も働いていて、夢を見るのもレム睡眠の特徴です。このレム睡眠中に起きる(起床する)と、脳を動かしやすい、つまり起きても行動しやすい状態にすぐに移行できます。

2つ目は「ノンレム睡眠」です。

これは上記とは逆で、眠りが深くて完全に寝ている状態の事を言います。ストレスを減らしたりするのもこの時間に行なっていて、心拍数なども落ち着いています。

金縛りに合う原因は?

現在では、金縛りに合うというのは科学的にはトイレに行きたい、などと同じような生理現象として取り扱われています。金縛りにあっている最中は意識は微妙にあったりしますよね、体の上にのしかかってきたり縛られているように動けないと感じるからです。

金縛りの現象はレム睡眠中の浅い眠りで起こり、睡眠不足やストレスが溜まっているときに起こります。寝ているときは体の筋肉は寝ています、しかし脳は起きている状態なので体を動かせない状態になるのです。これが金縛りの原因と言われています。

夢を見るときはどんなとき?

夢を見るときと見ないときありますよね。これは、レム睡眠の間だけに起こる現象だからです。五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)全てで感じることが出来、本人の願望に近い夢も見ることがあります。

夢は一般的にストレスが多いときに見るといわれています、その際は怖い夢や悪夢が多かったりします。日本人の20%近くが睡眠障害や不眠といわれている時代で、あまりにも寝付けが酷い場合は医療機関に相談するのもが良いでしょう。

実際に何時間寝ればよいのか?

出典:NATIONAL SLEEP FOUNDATION

アメリカ睡眠財団というところで、数百に及ぶ文献や10年の調査で出した分析結果です。これによると、人間は9個の睡眠時間に分けられます。

年齢 推奨される睡眠時間
新生児~3ヶ月 14時間~17時間
4ヶ月~11ヶ月 12時間~15時間
1歳~2歳 11時間~14時間
3歳~5歳 10時間~13時間
6歳~13歳 9時間~11時間
14歳~17歳 8時間~10時間
18歳~25歳 7時間~9時間
26歳~64歳 7時間~9時間
65歳以上 7時間~8時間

アメリカ人と日本人では、睡眠の対する考え方や生活環境が異なりますが、参考にはなるのではないでしょうか。これは現在推奨されている睡眠時間で、実際に何時間と決めて睡眠を取ってみましょう。

例えば、7時間~9時間の場合は、その中央値の8時間を取ってみてください。それで寝不足と感じるならもう少し睡眠時間を増やし、寝すぎや余裕があるなら睡眠時間を削ってみて、自分にベストな睡眠時間を計測することです。そうすると、今の自分の生活環境に合ったベストな睡眠時間が算出されるはずです。